ウルトラファインバブルの定義と洗浄効果に対する科学的根拠の有無

ウルトラファインバブルの定義と洗浄効果に対する科学的根拠の有無 ウルトラファインバブル(UFB)

洗浄力の高さで注目を集める技術が、ウルトラファインバブルです。ただ、一般的な泡と何が違うのか、泡で本当に洗浄力が上がるのかなど様々な疑問を持つ人もいるでしょう。ウルトラファインバブルとは何か、科学的根拠があるのかなどを簡単に説明していきましょう。

ウルトラファインバブルって一体何?

耳にすることが増えてきたウルトラファインバブルとは、日常生活の中で目にする泡よりも、さらに細かい泡です。

小さな泡には、水を白濁させるマイクロバブルという泡が存在しますが、自然の中でできる小さな泡は時間と共に浮上し、ゆっくり消えていくことが殆どです。それに対し、ウルトラファインバブルは浮上をすることが少なく、数週間から数ヶ月の間、水の中にとどまり続けるという特徴を持っています。

ウルトラファインバブルの定義

ウルトラファインバブルとなるのは、1μm 以下の泡です。1μmから100μmの泡は、マイクロバブルに分類されます。

泡に分類されるウルトラファインバブルですが、一般的な泡とは違い、目視をすることはほぼ不可能となっています。マイクロバブルのように、水が白濁することもありません。

そんな小さな泡ですが、マイナス帯電をしておりプラスイオンを引き付けたり、破裂の際には大きな衝撃を与えるなどの特徴も持っています。

ウルトラファインバブルの科学的根拠

ウルトラファインバブルが、汚れを落とす効果があると言われるのは、洗剤などが入れない毛穴の奥や繊維の隙間にも入り込み、破裂の際の衝撃で汚れを剥がし落とせると言われているためです。さらに、プラス帯電をしている汚れがあれば、吸着力によって引き剥がしていくことができます。ウルトラファインバブルが潜在梨でも汚れを落とせるといわれるのは、泡自体が大きな洗浄力を秘めているためです。

泡によって汚れが落ちることが注目され始めた頃は、科学的な裏付けがなく、ただ不思議な現象として扱われていたこともありました。しかし、現在では汚れが落ちる理由もしっかりと解明されており、科学的根拠のある現象となりつつあります。

ウルトラファインバブルに関しては、科学的根拠が確立されつつありますが、その効果を実感できるかどうかは、ウルトラファインバブル技術を取り入れた製品の性能や使い方次第です。現在は、効果に関して賛否がある状態が続いています。ただ、今後さらにウルトラファインバブル技術がさらに進化し、安定して洗浄力の高い泡を作れるようになれば、世の中に欠かせない技術の一つとなっていくでしょう。

ウルトラファインバブルの未来

ウルトラファインバブルの技術は、日常生活以外にも様々な場所で活かせるものです。今よりも科学的根拠がはっきりとした状態になれば、更に活躍の場所が増えていくことになるでしょう。

生活に密着したウルトラファインバブル

ウルトラファインバブルの技術が活かされている製品が、洗濯機やシャワーヘッドなどです。

洗濯機の場合、繊維の隙間に入り込んだ小さな泡が、通常の洗浄では落としにくい皮脂汚れを落とせると注目を集めています。黄ばみの抑制効果などもあるウルトラファインバブルは、特許技術の一つとなっています。洗浄力の高い洗濯機が欲しい時は、ウルトラファインバブル技術が搭載されたものを、選んでみるのも良いでしょう。

シャワーヘッドの特徴は、肌に負担をかけずに汚れを落とせることです。さらに、ウルトラファインバブルは肌の奥まで水分を届けやすく、肌が潤うことでも注目を集めています。

このウルトラファインバブルの効果は、髪の毛に潤いを与える効果も期待できるものです。そのため、美容目的で取り入れる人も増えてきています。

今は最新技術の一つとして扱われるウルトラファインバブルですが、技術が定着すれば、今後様々な形で生活を助けてくれる存在へと変わっていくこともあるでしょう。

世の中で活躍するウルトラファインバブル

ウルトラファインバブルの技術は、身近な洗浄以外にも、様々な場面で活躍をしています。その一つが、農作物の成長促進です。

養液などをそのまま植物に与えるのではなく、ウルトラファインバブルと合わせた状態で与える方が成長しやすくなるという事例が報告されています。こうした使い方ができるのも、通常の泡とは違い、簡単には消えないウルトラファインバブルだからこそです。

さらに、成長を助ける以外に、バクテリア繁殖抑制効果なども期待できる技術として注目を集めています。

そして、もう一つ現在でも研究・開発が続けられているのが、赤潮対策として使うウルトラファインバブルです。赤潮が起きると、海の中の酸素量が減り、養殖している魚や貝は死滅していくことになります。そんな赤潮対策として、使われたことがあるのが水中の酸素量を増やす効果のあるウルトラファインバブルです。実際に、赤潮被害を抑えた実績もあり、現在も研究が続けられています。技術がしっかりと確立すれば、海を守るためにも欠かせない存在となっていくでしょう。

さらに、ウルトラファインバブルの洗浄力は、工業製品の洗浄や医療の世界など、様々な世界での活用が進められています。実績を出している場面も多く、今後ますます利用の場は広がっていくと考えられます。

ウルトラファインバブルのある生活

不思議な現象から、科学的根拠のある技術へと変化しているウルトラファインバブルは、世の中に欠かせない技術となりつつあります。洗濯機やシャワーヘッドなど身近な製品は勿論、農業や工業など様々な場面でも欠かせない技術となってきています。

最後に、株式会社シバタ_ファインバブル事業部さんが公開されている動画がとてもわかりやすくまとめてくれていますので紹介します。

話題のウルトラファインバブル(UFB)で出来ること↓

タイトルとURLをコピーしました